宮崎市 歯科 インプラント 審美歯科 予防歯科 ホワイトニング 噛み合せ 入れ歯

〒880-0121 宮崎県宮崎市島之内7312-1

TEL:0985-65-8020

インプラント

日向住吉のかわの歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ

保険治療以外でTポイント貯まります。

HOME»  インプラント

インプラントの歴史

古代エジプトでは、死後の世界でも困らないようにとの願いからか、死者に対し、歯の抜けた部分に宝石などを埋め込んで埋葬していたそうです。
マヤ文明、インカ文明、アステカ文明などの遺跡からも、歯の代わりに貝殻を埋め込んだミイラ等が発見されています。

実際、口の中で機能したと考えられる最古のインプラントは、紀元前7世紀頃、マヤ族の20代の女性の前歯に、貝殻を加工したものが埋め込まれていました。まだまだ新しいと思われているインプラント治療ですが、長い歴史があり、まさに太古から歯科医療における大きなテーマといえる治療法だということがお分かりいただけるでしょう。

近代歯科インプラントの基礎は、1952年に現在のインプラント材の主材となっているチタンの特性が発見されました。

チタンは原子番号22の元素で、地球には鉄に次いで9番目に多い元素です。
酸化チタンは非常に安定しており、プラチナや金とほぼ同等の強い耐蝕性を持ちます。その後、研究が進み、オッセオインテグレーテッド(骨に接合した)・インプラントの科学的根拠にもとづく確実性も立証されました。

人間の体はチタンを味方だと認識する性質を持っているのです。しかしながら、体に優しいとは言えチタンだけのインプラントは、治療に要する期間が6ヶ月~1年と長く、患者様の負担が大きいことが課題になっていました。

現代のインプラントはさらに進化を遂げ、治療期間を短縮し、かつ骨との結合をより強固にするために、主材になっているのはチタンですが、たとえば、インプラントの骨と接する部分に、骨の成分であるHA(ハイドロキシアパタイト)という材料をコーティングしたインプラントは、骨と結合しやすく、チタンだけのインプラントに比べて飛躍的に結合までの期間が短縮されます。

高齢化社会を迎える今、“咬めること”はもちろん、より美しい歯でいることが関心事です。適切な治療・メンテナンスを行えば10年以上お口の中で機能し続けることが一般的です。インプラント治療は、もはや現代歯科医療にとって欠かせない治療になってきています。

インプラントの長所 短所

長所

自分の歯と同様な感覚で咬むことができ、咬む力、味覚が低下しにくい事です。また、周囲の健康な歯を傷つけず、審美性も良好です。歯を失った事による、食べ物の制限、不快感など、様々な不満や問題を解決します。歯(人工歯冠)がしっかり固定されるので、入れ歯のような動揺がありません。噛む機能が回復しますので、バランスの取れた献立を楽しむことができます。レストランや旅行先など、人目を気にすることなくお食事が楽しめます。天然の歯との区別が難しいほど、自然な仕上がりです。

短所

歯を抜く場合と同程度の手術が必要で、全身疾患(重度の糖尿病など)や、歯周病の進行程度、喫煙などの生活習慣、インプラントを埋め込む場所(顎)の骨が少ない場合など、場合によっては治療できない場合もあります。また、インプラントが顎の骨に定着するまでには長い期間がかかります。保険給付適用外なので、費用がかかってしまいます。インプラントは上部構造(人工歯冠)装着より、プラークや汚れが付着しやすくなります。従ってアフターケアの基本として、プラークコントロールが重要です。各々の状況に応じて、通常の歯ブラシ以外にも、インターデンタルブラシ・デンタルフロス等の使用方法もご指導いたします。

確かに欠点もありますが、上手に用いれば、それらを補い、余るほどの利点があります。また、治療方法はインプラントだけではありませんので、まずは皆様が納得されるまで相談し、私どもと一緒に考えていきましょう。その他、価格などご不明な点ございましたら、お気軽にご相談ください。

CGFについて

当院では抜歯、インプラント埋入等の外科処置時にCGFを用いた処置を行っております。
ケガをして血管が破れると、それを埋めるために血液凝固因子が刺激されてフィブリンという物質が形成され、傷口をふさいで出血を止め傷の治りを早めます。CGFとは、このフィブリンを人工的に作ったもので、患者様ご本人から採血された血液(10~20ml)を、遠心分離機にかけて作製します。
CGFには、以下の利点があります。

  • 患者様から採血した血液に、添加物(抗凝固剤や凝固促進剤など)を一切加えずに作製できる完全自己血液由来のフィブリンゲルであるため、感染リスクが低減し、副作用の心配がありません。
  • 損傷された組織の再生・治癒に働く「成長因子」を多く含んだ血小板がさらに濃縮されているため、傷の治りが早くなるだけでなく、手術後の疼痛・腫脹の緩和、そして骨の少ない所に使用すると、その再生が早くなります。

CGFの使い道

  • CGFのみを使用する場合
    親知らずの抜歯窩内に埋入すると、痛みや腫れを軽減し、治りが早くなります。
  • GBR(骨誘導再生)法
    歯が抜けてしまったり、歯周病などの原因で歯槽骨が痩せてしまうと、インプラントを埋め入れるために必要な骨の量が足りなくなります。その部分に骨が再生するのを補う方法がGBRです。歯肉をめくり、足りない部分にAFG(CGFと同じような手順で作製できる)と人工骨を混ぜたものを埋入し、メンブレン(CGFを押し固め膜状にしたもの)でカバーをし、その上に歯肉を戻します。
  • サイナスリフト・ソケットリフト
    上顎へのインプラント埋入時に上顎洞までの骨の厚みが薄い場合に行われます。この場合も、CGFのみを使用したり、AFGと人工骨、または自家骨(自分の骨を粒状にしたもの)を混ぜたものを上顎洞の一部に埋入します。
PAGE TOP