宮崎市 歯科 インプラント 審美歯科 予防歯科 ホワイトニング 噛み合せ 入れ歯

〒880-0121 宮崎県宮崎市島之内7312-1

TEL:0985-65-8020

一般歯科

日向住吉のかわの歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ

保険治療以外でTポイント貯まります。

HOME»  一般歯科

一般歯科

う蝕感受性テスト(RDテスト)

RDテストとは、だ液中のむし歯の原因菌に敏感に反応するレサズリンという指示薬を用い、指示薬の色の変化により15分という短時間で、むし歯の原因菌の数を測定することができます。このテストにより口腔内の衛生状態を的確に知ることができます。

◆方法

  • RDテスト用ディスクにスポイトで採取した唾液を滴下し、浸潤させます。
  • (1)のディスクを検者の腕の皮膚に貼付させ、15分そのまま放置します。
  • 15分後、ディスクの色の変化度合を標準比色表と比較して判定します。


唾液中のむし歯の原性菌が多いか、少ないかを反映し、菌数に応じた変色の程度からお口の中の衛生状態を判定します。
簡単なパッチテストですので、お子さんからご年配の方でも判定が可能です。

オーラルスターミュータンス

むし歯の発生に最も関連性が高いと言われているストレプトコッカス・ミュータンス(streptococcus mutans)菌の唾液中またはプラーク中の菌数レベルを約20分という短時間で測定することができ、その場で結果をお知らせできます。
ストレプトコッカス・ミュータンスは多くの人のお口の中に存在し、ストレプトコッカス・ミュータンスの菌数レベルが高い程、むし歯のリスクが高いことがわかります。ご自分のお口の中にどのくらいのミュータンス菌が潜んでいるのか、1度チェックしてみませんか??

オーラルテスターバッファ

唾液緩衝能と唾液分泌量を測定することができます。
飲食時にはお口の中の細菌が食物中の炭水化物を資化することで『酸』を産出するため、お口の中のphは酸性に傾き、歯からカルシウム・リンなどのミネラル成分を溶かしだしてしまいます。これを『脱灰』と言います。唾液には酸を中和する成分が含まれていて、この成分の作用によりお口の中のphは中性付近に引き戻され、溶け出したカルシウム・リンが『再石灰化』します。唾液はこのような酸の唾液緩衝能により『むし歯の発生のリスク』を低減しています。唾液の分泌量や緩衝能に問題がある場合、お口の中のphは長時間、酸性に傾き、歯の脱灰が進行しむし歯の発生リスクが増大します。この検査はイスに座ってリラックスした状態で5分間ガムを噛んでいただき、お口の中に溜まった唾液を採取し分泌量を測定、判定します。
短時間でできる簡単な検査です。ご自身が『むし歯になりやすいのか』それとも『むし歯になりにくいのか』、気になる方は測定してみませんか?

歯周病

歯周病検査(BANAぺリオ)

お口の中から歯垢(プラーク)を採取して歯周病原菌の有無を調べます。
歯周病の約90%は口腔常在菌のPorhyromonas gingivalis(P.g菌)、Treponema denticola(T.d菌)およびTannerella forsythia(T.f菌)の3種のうちの1種、あるいは複数の菌が発症の原因となっています。この3種の菌はそれらの菌のみが持つBANA分解活性酵素を用いて歯周ポケットから出る浸出液中のタンパク質を代謝させ、エネルギーに転換することによってお口の中で生存しています。わずか5分の簡単な検査で痛みもなく、その場で結果をお知らせできます。歯周病を未然に防ぐ為にも検査を受けて日頃から歯周病対策を行ってみませんか?

口臭検査

口臭で悩まれている方はいませんか?
他人の口臭には気づいても自分の口臭にはなかなか分からないものです。口臭は健康のバロメーターともいいます。自分の口臭がどの程度のものなのかチェックされてみませんか?この検査は4段階で判定されます。まずは自覚して口臭対策を一緒に行いませんか?

噛み合せ

『口が開かない』、『咬むと顎が痛い』、『口を開くと音がする』
などの症状がある方はいませんか?
顎関節症は女性の方に多く、10代後半~20代、40~50代に好発します。
主な原因として全身疾患・心理的要因・力の影響(日常生活習慣・咬合異常・外傷)などが考えられます。『かわの歯科』では、木のヘラを用いての開口訓練・スプリント療法・咬合治療など行っています。
院長は顎関節症の領域を受け持っておられましたので、実績はもちろん。何か不安なことがありましたら悩まずに是非相談してください。

PAGE TOP